わきがと汗くさい

わきがと汗くさいの違い・毛深い人はわきが?遺伝はするの?

わきが(ワキガ)は、わきの下にあるアポクリン腺という汗の出る腺から分泌した汗の一種が細菌などに汚染されてにおいを発するもので、これは病気ではありません。
ごくあたりまえの生理的現象ですが、そのにおいが強い異臭のため、問題になることがあります。

 

おすすめの消臭剤はクリアネオです。

 

>>効果のあるクリアネオはこちら

 

わきがと汗くささ

わきがや多汗症は健康や生命の危険に直結するものではないため、病気扱いされることはありません。
しかも、あまりおおっぴらな話にしにくいため、正しい知識や情報が伝えられにくく、そのために現在でも多くの誤解があるのが現状です。
まず、わきがは汗のニオイとは全く別のものである、ということを理解する必要があります。確かに何日もお風呂に入らなかったり、運動して大量に汗をかいたりした後などは、体のニオイは強くなります。
しかし、これはあくまでも汗のニオイです。こうした汗のニオイなど、複数の香りが一体となって、その人固有の体臭になっているのです。
こうした「体臭」と「わきが」は全く異質のもです。その大きな相違点は「ニオイを予防できるかどうか」という点です。髪や汗のニオイなら、入浴してきれいに洗い流せば解決します。口や鼻の病気に伴うニオイなら、しっかり治療すれば、やがてなくなるでしょう。
しかし、わきがは清潔を保つことで、ある程度は軽減することができますが、根本的な解決にはなりません。しかも、正しい知識が一般的にほとんど知られていないので、「わきがは不潔が原因」と誤解している人も多くいるほどです。
こういった誤解によって、わきが体質の人が、肩身の狭い状況になってしまっているのが現状です。

 

わきがと汗かき

わきがの原因はたくさん汗をかくことではありません。
汗をかいても、それがエクリン汗であればわきが臭は発生しません。わきが臭を発するキーポイントになるのは、アポクリン汗。皮膚についたアポクリン汗が常在菌と結びつき起こる腐敗臭が原因です。
しかし、大量のエクリン汗はアポクリン汗を広範囲に広げてしまいます。アポクリン汗が皮膚の広範囲に付着すれば、それだけニオイも強くなるので、そのため、汗をかきやすい人は、そうでない人よりも「わきが臭を発散させやすい」ということは言えます。
わきが体質の方でも、汗をかいていないときはさほど臭わないのに、汗をかいたとたんに、わきが臭を強く発生する人も少なくありません。大量の汗はわきがの直接的な原因ではありませんが、助長するものといえるでしょう。

 

わきがは女性に多い

わきが率は若干ですが、女性の方が多いようです。その背景には、男性のほうがニオイに鈍感で、わきがは命にかかわる病気でもないので、病院で治療を受けない人が多いからだと言えます。
男性の病院治療を受けるケースとして多いのは、料理店に勤務している方や、営業職についている方など、ニオイが仕事に影響すると考えている人がほとんどです。
「仕事が不利になるので治したい」と女性に比べて、実利的な理由が目立ちます。わきが率の男女差はそんな意識の違いが大きな理由と言えますが、その点を考慮しても、実際は女性のほうが多いようです。
それは、わきがの原因を作るアポクリン汗腺が男性より女性に多く分布しており、性ホルモンの影響で活発に働いているからです。また、女性の皮下脂肪のほうが厚いので、汗をかきやすいということも、ニオイを多く発散させる原因といえます。また、ケーキなどの甘いものを好むなど、汗腺類の働きを活発にする乳製品を多く食べる傾向にあることも、わきが臭を助長しているといえます。

 

わきが臭と食べ物

普段食べる食事によって、わきが・多汗症を助長する食品があります。
まずは、肉類。肉類には動物性脂肪、脂肪酸。中性脂肪などがたっぷり含まれています。これらの脂肪成分を摂ると、汗腺類が刺激され、結果として汗とニオイを強くします。
さらに注意したいのが乳製品です。チーズやバター、生クリームなどを多用した、ケーキやデザート類も汗腺類を活発化します。
もちろん、お肉や乳製品は体にとって、良い効果もありますので食べるのがいけないということではありません。ただ、食べ過ぎはわきがを発生させやすいということです。
ステーキや焼肉などの肉料理やケーキ類の大量摂取は厳禁です。さらに、注意したいのが揚げ物やスパイシーな料理。特にファーストフードやコンビニなどのお惣菜は、品質の劣化を防ぐために、脂肪酸を多く含んだ油が使われていることが多いようです。
また、唐辛子をはじめとする香辛料は発汗作用を促進し、これらを日常的に食べ続けていると、ますます、わきが・多汗症を助長します。
一方、緑黄色野菜に含まれるビタミンA、胚芽やゴマに含まれるビタミンEなどは、皮膚の新陳代謝を促進して、わきが臭のもとになる過酸化脂質の発生を抑えるとされているので、積極的に食べたい食品と言えます。昔から、肉食中心で香辛料を多く食す国の人にわきが体質の人が多く、菜食中心だった日本人に少ないという傾向がありました。
この事実からも、食生活の内容が、わきが体質に大きな影響を与えていることが分かります。

 

わきがは毛深い人に多い

どうしてわきがになるのか、ニオイに悩みを持った人なら誰でも疑問に思うはずです。
その原因として「毛深いからか?」という思う方も多くいます。これに関しては、必ずしも毛深いことがわきがと直結しているとは言えませんが、実際にわきがの人に、体毛の濃い人が多いといえます。
わきが臭のもとになるアポクリン汗腺や皮脂腺は体毛の毛根部に開口しています。ですから、体毛の多い人は汗腺類が多く、それだけアポクリン汗の分泌が多いわけです。
また、体毛が濃いと汗腺類からの分泌物が皮膚に長く留まりやすいため、それだけ細菌が繁殖しやすく、結果、わきが臭に拍車をかけることになります。さらに男性の場合、毛深い人=男性ホルモンの働きが旺盛だと考えられます。アポクリン汗腺は性ホルモンの影響を強く受けるわけですから、やはりわきがになりやすいと言えるのです。
毛深い人が全てわきがになるわけではありません。しかし、その確率はきわめて高いということは言えるでしょう。

 

わきがと遺伝

わきが体質が、遺伝するのかという点に関してはどうでしょうか。
両親がわきが体質を持っている人、また自分がそうなので子供もなるのでは?と心配される方も多いかと思います。わきがは優性遺伝なので、両親共にわきが体質の場合は80%、両親のうちどちらかだけなら50%の確率で遺伝します。
もちろん、理論上の数字なので、両親ともわきが体質でも子供に受け継がれない場合もありますし、逆に両親共違うのに、子供に表れるということもあります。これが、わきが・多汗症の症状は、食生活、生活習慣、ストレスなどの生活環境が大きく関係しているからです。
また、わきがの原因になるアポクリン汗腺は性ホルモンの影響を受けますから、幼少期ではまだ活動を始めません。ですから、わきが体質が遺伝していても、実際に強いニオイを出すかどうかは、小学生から思春期ぐらいにならないと判断しにくいのです。
子供に、自分のわきが体質が遺伝しているのでは?と心配の場合は、耳垢を調べてみてください。いつも、じっとり湿っているようならば、わきが体質である可能性が高いと言えます。わきが臭の原因となるアポクリン汗腺はわきや陰部だけでなく耳の中にもあります。そして、耳の中は年齢に関係なく活動しているので、低年齢でも判断することができます。
わきが・多汗症の悩みは、人に相談しにくいものです。それは親しい間柄、たとえ親子でも同じこと。ニオイの悩みは、人知れず苦しんでしまうことが多いだけに、お子さんをお持ちの方は、特に注意してあげましょう。

 

 

すそわきがとは?

わきがの原因になるアポクリン汗腺はわきの下だけでなく、おへそのまわり、乳首、そして陰部にもあります。特に陰部のわきが臭は「すそわきが」と呼ばれています。
アポクリン汗腺の働きは部位によって違うものではないので、わきが体質の方は「すそわきが」である確率も高いと言えます。「すそわきが」は場所が場所だけに、わきがよりもデリケートな問題になります。そのニオイはより親しい関係になった人しか分からず、当然「すそわきが」に気づいた相手もそれを指摘することはわきが以上に難しいことでしょう。そして、場合のよっては、理由も分からず、恋人関係を解消されるといった事態にもなりかねません。「もしや?」と思いながら、恋愛に積極的になれずにひとりで悩んでいる方も少なくないでしょう。
確かに、たとえ病院だとしても、相談しにくい悩みであることでしょうが、ちょっと勇気を持って、相談してみるべきです。